手に職ネット 会社に縛られないで生きるための様々な情報を発信

TIOBEインデックスで見る2021年8月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2021年8月のデータは、以下の通り。

2021年8月2020年8月変化プログラミング言語レーティング変化
11C12.57%-4.41%
23changePython11.86%+2.17%
32changeJava10.43%-4.00%
44C++7.36%+0.52%
55C#5.14%+0.46%
66Visual Basic4.67%+0.01%
77JavaScript2.95%+0.07%
89changePHP2.19%-0.05%
914changeAssembly language2.03%+0.99%
1010SQL1.47%+0.02%
1118changeGroovy1.36%+0.59%
1217changeClassic Visual Basic1.23%+0.41%
1342changeFortran1.14%+0.83%
148changeR1.05%-1.75%
1515Ruby1.01%-0.03%
1612changeSwift0.98%-0.44%
1716changeMATLAB0.98%+0.11%
1811changeGo0.90%-0.52%
1936changeProlog0.80%+0.41%
2013changePerl0.78%-0.33%

Smart phones were the new hit many years ago. As a consequence, the programming languages that were used to write mobile applications became very popular as well. The best example of this is Objective-C, which peaked at position 3 in the TIOBE index, whereas it was only used to write apps for iPhones. Nowadays we have the same with data mining and AI. Programming languages in these fields are booming. The most striking example is Python that took over the second position from Java. Even old languages see a revival because of this, like the surge of Fortran. And, even more astonishing, we see Prolog re-entering the top 20 after 15 years… making an unexpected comeback. Prolog is used in IBM’s Watson, one of the most well known AI engines. The only exception to all this is R, which is as opposed to the others, losing some positions. I guess Python is eating R’s market share. Other interesting moves this month are: Rust from position #27 to #24 and Julia from position #35 to #26. Both Rust and Julia are strong candidates for a permanent top 20 position. — Paul Jansen CEO TIOBE Software

TIOBE Index for August 2021

スマートフォンは、何年も前の新しいヒットでした。その結果、モバイルアプリケーションの作成に使用されていたプログラミング言語も非常に人気がありました。

これの最も良い例はObjective-Cで、iPhone用のアプリを作成するためにのみ使用されていましたが、TIOBEインデックスで3位まで到達しました。

今、データマイニングとAIについても同じことが言えます。これらの分野のプログラミング言語は活況を呈しています。

最も印象的な例は、Javaから2位を引き継いだPythonです。これにより、Fortranの急増のように、古い言語でさえ復活が見られます。

そして、さらに驚くべきことに、Prologが15年後に再びトップ20に入るのを目にします…予想外の復活を遂げています。

Prologは、最もよく知られているAIエンジンの1つであるIBMのWatsonで使用されています。

唯一の例外はRであり、これは他とは対照的にランキングを下げています。PythonはRの市場シェアを食いつぶしていいます。

今月の他の興味深い動きは次のとおりです。

Rustは27位から24位となり、Juliaは35位から26位となりました。RustとJuliaはどちらも、長年トップ20のポジションを取る有力な候補者です。 Paul Jansen CEO TIOBE Software

スポンサードサーチ

最新情報をチェックしよう!
>ITを使った問題解決をしたいなら

ITを使った問題解決をしたいなら

株式会社リソース・シェアリングはITのコンサルティングから要件定義・RFP作成・ベンダー選定・設計・構築・運用・解析までワンストップで提供しております。

CTR IMG