手に職ネット 会社に縛られないで生きるための様々な情報を発信

TIOBEインデックスで見る2021年1月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2021年1月のデータは、以下の通り。

2021年1月2020年1月変化プログラミング言語レーティング変化
12changeC17.38%+1.61%
21changeJava11.96%-4.93%
33Python11.72%+2.01%
44C++7.56%+1.99%
55C#3.95%-1.40%
66Visual Basic3.84%-1.44%
77JavaScript2.20%-0.25%
88PHP1.99%-0.41%
918changeR1.90%+1.10%
1023changeGroovy1.84%+1.23%
1115changeAssembly language1.64%+0.76%
1210changeSQL1.61%+0.10%
139changeSwift1.43%-0.36%
1414Go1.41%+0.51%
1511changeRuby1.30%+0.24%
1620changeMATLAB1.15%+0.41%
1719changePerl1.02%+0.27%
1813changeObjective-C1.00%+0.07%
1912changeDelphi/Object Pascal0.79%-0.20%
2016changeClassic Visual Basic0.79%-0.04%

Python has won the TIOBE programming language of the year award! This is for the fourth time in the history, which is a record! The title is awarded to the programming language that has gained most popularity in one year. Python made a positive jump of 2.01% in 2020. Programming language C++ is a very close runner up with an increase of 1.99%. Other winners are C (+1.66%), Groovy (+1.23%) and R (+1.10%).

It has been stated before: Python is popping up everywhere. It started as a competitor of Perl to write scripts for system administrators a long time ago. Nowadays it is the favorite language in fields such as data science and machine learning, but it is also used for web development and back-end programming and growing into the mobile application domain and even in (larger) embedded systems. The main reasons for this massive adoption are the ease of learning the language and its high productivity. These two qualities are key in a world that is craving for more developers in all kinds of fields. Python already tested the second position some months ago and it will for sure swap places with Java permanently soon. Will Python also beat C? Well, C has still one trump card to play: its performance, and this will remain the case for some time to come. So I guess it will certainly take some years for Python to become the new number 1 in the TIOBE index.

What else happened in the TIOBE index in 2020? C has become number 1 again, beating Java. Java lost almost 5% in only 1 year. Other interesting moves in the top 20 are the statistical language R (from position 18 to 9), and Groovy, which is mainly used for scripting for CI/CD tool Jenkins, from position 23 to 10. Are there any new top 20 entries to be expected in 2021? Top candidate is without doubt Julia, which jumped from position 47 to position 23 in the last 12 months. Dart and Rust are other candidates, but both of them touched the top 20 already without being able to stay for a longer time. – Paul Jansen CEO TIOBE Software

TIOBE Index for January 2021

Pythonは、TIOBEプログラミング言語オブザイヤーを受賞しました!史上4回目となる記録です!このタイトルは、1年間で最も人気のあるプログラミング言語に授与されます。

Pythonは2020年に2.01%のプラスでした。プログラミング言語C++は、1.99%の増加で非常に近い次点です。他はC(+1.66%)、Groovy(+1.23%)、R(+1.10%)です。

以前に述べたように、Pythonはいたるところで使われています。Pythonはずっと昔に、システム管理者がスクリプトを書くための、Perlの競争相手としてスタートしました。

今日では、データサイエンスや機械学習などの分野で人気のある言語ですが、Web開発やバックエンドプログラミングにも使用され、モバイルアプリケーションドメインや(より大規模な)組み込みシステムにも利用されています。

このように大規模に採用される主な理由は、言語の学習のしやすさとその高い生産性です。この2つの資質は、より多くの開発者を求めている世界のあらゆる分野で重要です。

Pythonは、すでに数か月前に2番目の位置に到達しており、まもなくJavaと場所を永久に交換することは間違いありません。

PythonもCを打ち負かすのか?

Cにはまだ1枚トランプのカードがあります。それはパフォーマンスで、今後しばらくの間は当てはまります。したがって、PythonがTIOBEインデックスの新しいナンバーワンになるには、まだ数年かかると思います。

2020年のTIOBEインデックスで他に何が起こったのか?

Cは、Javaを破って再び1位になりました。 Javaはわずか1年でほぼ5%を失いました。

トップ20での他の興味深い動きは、統計言語 R(18位から9位)、主にCI/CDツール Jenkinsのスクリプトに使用されるGroovyが、23位から10位に。

新しいトップ20エントリはあるか?2021年に期待されるか?

最有力候補は間違いなくJuliaで、過去12か月で47位から23位に急上昇しました。DartとRustは別の候補ですが、どちらも長く滞在することができずにすでにトップ20から離れています。

Paul Jansen CEO TIOBE Software

スポンサードサーチ

最新情報をチェックしよう!
>ITを使った問題解決をしたいなら

ITを使った問題解決をしたいなら

株式会社リソース・シェアリングはITのコンサルティングから要件定義・RFP作成・ベンダー選定・設計・構築・運用・解析までワンストップで提供しております。

CTR IMG