手に職ネット 会社に縛られないで生きるための様々な情報を発信

TIOBEインデックスで見る2020年11月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2020年11月のデータは、以下の通り。

2020年11月2019年11月変化プログラムミング言語レーティング変化
12changeC16.21%+0.17%
23changePython12.12%+2.27%
31changeJava11.68%-4.57%
44C++7.60%+1.99%
55C#4.67%+0.36%
66Visual Basic4.01%-0.22%
77JavaScript2.03%+0.10%
88PHP1.79%+0.07%
916changeR1.64%+0.66%
109changeSQL1.54%-0.15%
1114changeGroovy1.51%+0.41%
1221changePerl1.51%+0.68%
1320changeGo1.36%+0.51%
1410changeSwift1.35%-0.31%
1511changeRuby1.22%-0.04%
1615changeAssembly language1.17%+0.14%
1719changeMATLAB1.10%+0.21%
1813changeDelphi/Object Pascal0.86%-0.28%
1912changeObjective-C0.84%-0.35%
2032changeTransact-SQL0.82%+0.44%

For the first time since the start of the TIOBE index nearly 20 years ago, Java and C don’t make up the top 2 positions any more. C is still number one, but it is Python that claims the second position now. Some say that Python’s recent surge in popularity is due to booming fields such as data mining, AI and numerical computing. But I have my own take on this. I believe that Python’s popularity has to do with general demand. In the past, most programming activities were perfomed by software engineers. But programming skills are needed everywhere nowadays and there is a lack of good software developers. As a consequence, we need something simple that can be handled by non-software engineers, something easy to learn with fast edit cycles and smooth deployment. Python meets all these needs.

Some time ago I had a flat tyre and called the road patrol to help me out. The mechanic asked about my living and when I used the word “software” in my answer, he smiled and started talking very enthousiastically about his own passion: programming in Python. From that moment on, I knew Python would become ubiquitous – Paul Jansen CEO TIOBE Software

TIOBE Index for November 2020

20年近く前にTIOBEインデックスが開始されて以来初めて、JavaとCがトップ2位を占めていません。

Cは依然として1位ですが、現在2位となったのはPythonです。

Pythonが最近、人気が急上昇したのは、データマイニング、AI、数値解析などの急成長している分野によるものだという人もいます。

しかし、これについて私自身の見解は以下の通りです。

Pythonの人気は、一般的な需要に関係していると思います。

これまで、ほとんどのプログラミングはソフトウェアエンジニアによって形作られていました。

しかし、今日ではあらゆるところでプログラミングスキルが必要であり、優れたソフトウェア開発者が不足しています。

結果として、ソフトウェアエンジニア以外でも処理できるシンプルなもの、速い編集サイクルとスムーズな開発で簡単に習得できるものが必要です。

Pythonはこれらすべてのニーズを満たします。

Paul Jansen, CEO TIOBE Software

スポンサードサーチ

最新情報をチェックしよう!
>ITを使った問題解決をしたいなら

ITを使った問題解決をしたいなら

株式会社リソース・シェアリングはITのコンサルティングから要件定義・RFP作成・ベンダー選定・設計・構築・運用・解析までワンストップで提供しております。

CTR IMG