手に職ネット 会社に縛られないで生きるための様々な情報を発信

TIOBEインデックスで見る2020年8月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2020年8月のデータは、以下の通り。

TIOBEインデックス 2020年8月

2020年8月2019年8月変化プログラミング言語レーティング変化
12changeC16.98%+1.83%
21changeJava14.43%-1.60%
33Python9.69%-0.33%
44C++6.84%+0.78%
55C#4.68%+0.83%
66Visual Basic4.66%+0.97%
77JavaScript2.87%+0.62%
820changeR2.79%+1.97%
98changePHP2.24%+0.17%
1010SQL1.46%-0.17%
1117changeGo1.43%+0.45%
1218changeSwift1.42%+0.53%
1319changePerl1.11%+0.25%
1415changeAssembly language1.04%-0.07%
1511changeRuby1.03%-0.28%
1612changeMATLAB0.86%-0.41%
1716changeClassic Visual Basic0.82%-0.20%
1813changeGroovy0.77%-0.46%
199changeObjective-C0.76%-0.93%
2028changeRust0.74%+0.29%

This month nothing much happened in the TIOBE index. The programming language R continues to rise and is on schedule to become TIOBE’s programming language of the year 2020. It is also interesting to follow the on-going fight for position #10 in the TIOBE index between Go, Swift and SQL. Swift lost 2 positions this month (from #10 to #12). SQL took over and is back in the top 10 this time. Also worth noting is Groovy’s re-entrance in the TIOBE index top 20 at the expense of Scratch and the fact that Hack entered the top 50 at position #44. – Paul Jansen CEO TIOBE Software

TIOBE Index for August 2020

今月のTIOBEインデックスは変化がありませんでした。

統計プログラミング言語のRは上昇を続けており、2020年のイヤー・オブ・プログラミング言語になるでしょう。

Go、Swift、SQLは、TIOBEインデックスで10位をめぐって戦い繰り広げており、Swiftは今月2ランク下がり(10位から12位へ)、SQLは10位に返り咲き。

また注目に値するのは、Scratchを押しのけてTIOBEインデックスのトップ20にGroovyが再度ランクインしたことと、Hackが44位でトップ50に入ったことです。

スポンサードサーチ

最新情報をチェックしよう!
>ITを使った問題解決をしたいなら

ITを使った問題解決をしたいなら

株式会社リソース・シェアリングはITのコンサルティングから要件定義・RFP作成・ベンダー選定・設計・構築・運用・解析までワンストップで提供しております。

CTR IMG