手に職ネット 会社に縛られないで生きるための様々な情報を発信

TIOBEインデックスで見る2020年7月のプログラミング言語人気ランキング

スポンサードサーチ

ソフトウェア品質の評価と追跡を専門とするオランダのTIOBEソフトウェアが毎月発表する「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)

このTIOBEインデックスからは、それぞれのプログラミング言語がどれだけ話題になっているかがわかりますが、2020年7月のデータは、以下の通り。

TIOBEインデックス 2020年7月

2020年7月2020年7月変化プログラミング言語レーティング変化
12changeC16.45%+2.24%
21changeJava15.10%+0.04%
33Python9.09%-0.17%
44C++6.21%-0.49%
55C#5.25%+0.88%
66Visual Basic5.23%+1.03%
77JavaScript2.48%+0.18%
820changeR2.41%+1.57%
98changePHP1.90%-0.27%
1013changeSwift1.43%+0.31%
119changeSQL1.40%-0.58%
1216changeGo1.21%+0.19%
1312changeAssembly language0.94%-0.45%
1419changePerl0.87%-0.04%
1514changeMATLAB0.84%-0.24%
1611changeRuby0.81%-0.83%
1730changeScratch0.72%+0.35%
1833changeRust0.70%+0.36%
1923changePL/SQL0.68%-0.01%
2017changeClassic Visual Basic0.66%-0.35%

今月のランキングも、1位が「C」、2位が「Java」、3位が「Python」というのは先月から変化がありません。

注目すべきは、統計プログラミング言語のRが先月の9位から8位に上昇し、過去最高の順位となっています。

計処理用途のプログラミング言語としては、Pythonが勝利したと思われていましたが、Rの人気は依然として増加をしています。

統計プログラミング言語のRの人気を押し上げトレンドについて、「TIOBEインデックス」では以下の2つの理由を挙げています。

There are 2 trends that might boost the R language: 1) the days of commercial statistical languages and packages such as SAS, Stata and SPSS are over. Universities and research institutes embrace Python and R for their stasticial analyses, 2) lots of statistics and data mining need to be done to find a vaccine for the COVID-19 virus. As a consequence, statistical programming languages that are easy to learn and use, gain popularity now.

TIOBEインデックス
  1. SAS、Stata、SPSSなどの商用統計言語とパッケージの時代は終わりました。大学や研究機関は、分析のためにPythonとRを採用しています。
  2. COVID-19ウイルスのワクチンを見つけるには、多くの統計とデータマイニングを行う必要があります。その結果、学習と使用が簡単な統計プログラミング言語が人気を博しています。

スポンサードサーチ

最新情報をチェックしよう!
>ITを使った問題解決をしたいなら

ITを使った問題解決をしたいなら

株式会社リソース・シェアリングはITのコンサルティングから要件定義・RFP作成・ベンダー選定・設計・構築・運用・解析までワンストップで提供しております。

CTR IMG